トピックス | 弁護士による投資被害サポート

トピックス

金融庁による平成28事務年度金融行政方針について

2016年11月17日

金融庁は、昨年より、金融行政が何を目指すかを明確にするとともに、その実現に向け、いかなる方針で金融行政を行っていくかについて「金融行政方針」として公表しており、平成28年10月に公表された平成28事務年度の金融行政方針で…..

» 続きを読む

投資信託等の手数料の実態や海外との比較に関する記事

2016年10月18日

平成28年10月8日付日本経済新聞に,投資信託等の手数料の実態や海外との比較についての記事が掲載されています。 同記事では,投資信託の手数料が米国と比較して割高になる理由として,投資信託の規模が異なる点が挙げられるとして…..

» 続きを読む

金融庁の検証結果

2016年08月23日

平成28年8月3日付日本経済新聞に、「『顧客の不在』金融庁がメス」というタイトルで、金融機関が顧客の利益を最優先に行動しているかの検証結果を金融庁が公表したという記事が掲載されました。 この検証結果では、具体的に金融商品…..

» 続きを読む

投資信託等の頻繁な乗換売買にご注意ください

2016年08月22日

証券会社の社員から勧められるままに,投資信託間で短期間の間に頻繁に乗換売買を繰り返した結果,高率の手数料や資産価値の下落等により損害を被るということがあります。 証券会社及び従業員は,信義則上,顧客の知識・経験,投資目的…..

» 続きを読む

一任売買について

2016年05月20日

一任売買とは,取引業者が顧客との間で,売り・買い,銘柄,数量,価格などといった注文に必要な事項について,顧客から個別の取引ごとの具体的な指示を受けることなく顧客の計算で取引を行うことを約束することをいいます(顧客の指示を…..

» 続きを読む

FX取引における売買手数料以外のコストにご留意ください。

2016年04月4日

ネット上では、FX取引会社が「売買手数料はゼロ」という表現でFX取引のコストの安さを強調した宣伝を行っていたりしますが、FX取引において投資家が負担するコストは売買手数料だけではなく、「スプレッド」と呼ばれる隠れたコスト…..

» 続きを読む

「被害金回復」詐欺にご注意ください。

2016年01月30日

「被害金回復」詐欺に注意 平成28年1月20日付日本経済新聞朝刊に,「『被害金回復』で詐欺容疑」,「男女8人を逮捕 被害1億円以上か」というタイトルで,投資被害に遭ったことのある高齢者をターゲットにした詐欺の実情が掲載さ…..

» 続きを読む

投資被害における消滅時効について

2015年12月1日

投資被害を受けても、現実的な損害賠償請求に踏み切ることがないまま長期間放置されると「消滅時効」によって損害賠償請求権が消滅してしまう恐れがあります。 消滅時効とは、端的に言えば、「損害賠償請求が可能であるのにこれを長期間…..

» 続きを読む

緊急差し止め命令の活用事例の急増

2015年10月17日

平成27年10月5日の日本経済新聞によりますと、近年、金融庁に無登録で多くの投資家から資金を集めるなどの違法行為を裁判所の命令で止める「緊急差し止め命令」の活用事例が増えてきているとのことです。 緊急差し止め命令の制度自…..

» 続きを読む

無断売買について

2015年07月15日

無断売買とは,投資取引において,取引業者が,売買の別,銘柄,数量,価格などについて,顧客の同意を得ないで,顧客の計算で取引を行うことをいいます。 取引業者により無断売買が行われた場合,顧客は取引業者に対して,そもそも顧客…..

» 続きを読む

カテゴリー

ご相談はこちら

06-4709-5800

  • 【営業時間】平日9:00~18:00
  • 【事務局】プロシード法律事務所
大阪市北区西天満1-7-4
協和中之島ビル5階

アクセスはこちら

当サイトは、株式・投資信託・仕組み債・デリバティブ等の証券・金融商品などに関する詐欺などで困っている方々をサポートします。 大阪など関西エリアで証券・金融商品などの投資詐欺など被害で困っている皆様の支援のお手伝いが出来ればと思います。お気軽に無料相談をご利用ください。

このページのトップへ